“ホラー映画の傑作『エクソシスト』を撮影していた時、「演技ではなく、本気で怖がっている表情を撮りたい」と考えたフリードキン監督は、なんと現場へショットガンを持ち込み、NGを出した役者の目の前で実弾をぶっ放したそうです。いくら”恐怖の表情”を引き出すためとはいえ、そこまでやるとは…”

Fuckは文法的には最強です。動詞、名詞、形容詞、副詞などといろいろな使い方ができます。
例えば、fuckだけで文章がつくれます。

Fuck the fucking fuckers!
あんなクソヤローどもなんかどうでもいい!

この文章の75%がfuckで構成されてます!

“遠藤周作が「文章力の修行にいい。電車の中でも出来る」と言っていたのが「オリジナル形容詞」。「終末を語る預言者のような顔で乗ってくる塾帰りの中学生」とか「路地裏のゴミ箱から嫉妬だけ集めて煮込んだような週刊誌の広告」とか、目に付くものにオリジナルの形容詞を作ると文章力が向上するそう”
“ロミオとジュリエットみるたびに
「下手に禁止するから余計燃え上がって拗らせて自殺までするんだよ。試しに付き合わせてみりゃ二週間で互いに愛想つきて帰ってくるって
子供がワガママ言い出したら話位は聞かないと余計めんどくさくなる
モンタギュー家とキャピレット家は育児下手だなー」
と思う”